酵素の利用について

酵素には大きく分けて、消化に使われるものと代謝に使われるものの2つがあります。酵素とはたんぱく質でできているため、経口摂取した場合、消化されてアミノ酸に変化します。また、その多くが熱に弱く、調理や消化の際に効果を失います。しかし、経口摂取することに全く意味がないわけではありません。消化のために使用されるものは、胃で消化される際に役割を果たしているため、その後分解されても問題はありません。そのため、この場合は加熱処理をしていないものを取り入れることが重要になります。また、これによって消化酵素の消費を節約すると、その分を代謝へ回すことができ、結果として代謝を良くすることに繋がります。また、代謝のために使用されるものは、そもそも他の動植物の酵素と構成が異なっているため、そのものを取り込んで利用することはできません。この場合は経口摂取によって体内で酵素を合成するための材料を取り入れることになるため、分解されたり、熱で効果が失われていても問題ありません。
酵素 ニキビ

Theme by RoseCityGardens.com